南グループ創業50周年プロジェクト  
代表者メッセージ みんなのミナミ50プロジェクト 社会貢献事業
 
   
     
  愛されて50年、感謝の気持ちで、感動のおもてなし。  
     
 

時下、皆様方におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素より南グループにご高配を賜りまして、誠にありがとうございます。おかげさまで当社は、本年創業50周年を迎えることができました。これもひとえに、長年に渡りご愛顧いただいたお客様や地域の支えがあったからこそと重ねて感謝申し上げます。

南グループは昭和35年、日本旅行の代表であった南新太郎が、旅行事業をサポートする意図と観光事業の振興を目的に、南産業株式会社(現日本観光開発)を設立しました。本年12月10日には、おかげさまで創業50周年を迎えることとなりました。高度成長の機運が高まるなか、「レジャーを楽しむ価値消費」として新たなビジネスの萌芽をいち早く感知したチャレンジであったと言えるかと思います。

半世紀を振り返りますと決して、常に順風満帆であったわけではなく、幾多の試練の時期もありましたが、ピンチをチャンスととらえ、それを乗り越え、新たな飛躍へのバネに変えて成長して参りました。平成16年に(株)いずみ21がグループに加わり、健康事業が充実し、平成19年には、新たに環境機器の販売を開始し本格的に環境事業への進出も果たしました。昨年の平成21年には、ジャパンサービス(株)、恵那高原開発(株)の2社がグループに加わり観光、流通部門も大きな飛躍を遂げ、グループの3つの柱である「観光」「健康」「環境」の3つのKがさらに大きな果実として結実し、グループ全体の年間売上が待望の「100億」に達しました。

弊社では、50周年を新たなスタートと捉え、創業時の原点である「社訓」の精神に立ち返り、グループ全員が一つとなって、お客さま、社会、地域から信頼され愛される企業の実現に向け「明るく、元気に、前向きに」頑張って参る所存でございます。


 
  顧客満足を最優先する「感謝感動」  
     
  南グループが、創業50周年を迎えられるのは、長年にわたってご愛顧いただいたお客様や地域の支えがあったからでございます。その感謝の気持ちを感動のおもてなしでお返ししたいと思っております。マーケット・イン(お客さま本位)の考えを全社員が再認識し、「和顔愛語」の言葉の通り、笑顔と心のこもった挨拶と、「先意承問」の言葉の通り、期待されていることを先んじて対応することによって感謝をこえた素晴らしい「感動」をお客様と共有させていただくべく精進して参ります。


 
  仕事を通じて地域社会に貢献 「CSR(企業の社会的責任)の実践」  
     
  企業は、CSR(CorporateSocialResponsibility)を果たしているかどうかが企業評価の重要な基準となって参ります。21世紀は「環境の世紀」であり、CSRの大きな柱は地球環境の保全です。地域の緑化事業やCO2の削減に向け、グループをあげて全員が積極的に取組みたいと思います。社会規範やコンプライアンスの遵守を徹底し「安全・安心」企業を目指します。  
 

この50周年記念運動が、将来に向けて南グループのさらなる充実と飛躍の新たなスタートとなるように、全社員がそれぞれに役割を理解して、積極的に取組んで参ります。50周年を迎えるにあたり、これからもお客様・社会・地域から信頼され愛される企業の実現に向け「明るく・元気に・前向きに」頑張って参る所存でございます。今後共、皆様のご指導ご鞭撻を賜ります様、何卒よろしくお願い申し上げます。

 
 

南グループ代表 吉武 昭隆

 

 
 
       
  代表者メッセージ   みんなのミナミ50プロジェクト